若々しい肌

黒ゴマが持つ抗酸化効果

ゴマはとても栄養価の高い食べ物として近年注目を集めているのですが、ゴマを食べることで得られる効果は実際かなりのもので、それを食べ続けることで老化の程度を軽減させたり、さらには育毛効果も期待できるというのですから驚きです。
ゴマが健康にいいとわかったうえでそれを試そうとした場合、ある疑問にいきつくことになります。
それは、どの種類のゴマを食べればいいのか、ということです。
というのも、ゴマには複数の種類が存在しています。

それぞれを色の違いから白ゴマ、黒ゴマ、金ゴマとしているのですが、このどれがいちばん健康に効果的であるのでしょうか?
健康の定義にもよるかと思いますが、ゴマに含まれているゴマリグナン、その抗酸化作用が最も大きいのは黒ゴマです。
白ゴマは内包する脂肪分が多いのでゴマ油の原料になったりしますし、金ゴマはとても風味が豊かなので料理のトッピングに使用されることがあります。

黒ゴマというと、その名の通り真っ黒で、なんだか食べにくい印象を持つかもしれません。
しかし、黒ゴマの黒色はそれ自体が健康的効果を持っていることの現れであるのです。
黒ゴマの黒色はアントシアニンと呼ばれる成分からなるものであり、アントシアニンは髪の毛の色を黒く保ってくれる効果や、それ以外にも免疫力を増加させたり抗酸化作用を持っていたりするのですが、ゴマ以外で言えばブルーベリーなどに含まれているのもアントシアニンなのです。

ゴマにはセサミンと呼ばれる抗酸化作用を持つ成分が含まれていますが、それ以外にも何種類かの抗酸化成分が含まれていて、それらを総称してゴマリグナンと呼ぶのですが、ゴマリグナンの効果は肝機能を高めてくれたり活性酸素を体外に排出してくれたりと、とてもありがたいものです。
また、黒ゴマにはビタミンEが豊富に含まれていて、このビタミンEはとても強い抗酸化作用を持っているので、それを摂取することで若々しい体を保ち、長生きすることができるでしょうし、美容的な効果も期待することができます。

Copyright(C) 2013 ゴマで健康維持 All Rights Reserved.